麗澤瑞浪中学・高等学校

お問い合わせ資料請求

MENU

VOICE

Vol.85 卒業生の声

令和2年度
卒業証書授与式 ~答辞~

 

高校3年生  松尾 桃 (土岐市立 下石小学校出身)

 

 寒さの中にも、春の訪れを感じる季節になりました。新型コロナウイルスの感染拡大が危惧される中、私達卒業生のために厳かな卒業証書授与式を挙行していただき、心より感謝申し上げます。校長先生の式辞をはじめ、理事長先生からの激励のお言葉と、在校生からの心強いエールに、胸が熱くなりました。本当にありがとうございました。

 入学式から早三年、または六年が経とうとしています。豊かな自然に囲まれた麗澤瑞浪で、新しい仲間と始めた学校生活は、期待と同時に不安も多くありました。入学した初めは緊張からか、素の自分を出せずにいたことを覚えています。しかし、全国から集まるクラスメイトが優しく声を掛けてくれたことで、すぐに打ち解けることができました。

 麗澤瑞浪では、「自立」「感謝」「思いやり」の心の大切さを学ぶことができます。特に親元を離れ、身の回りのことは自らがこなし、生活する寮生。「自立」の心はまさに寮生活から養うことができました。今年は女子寮が中高合同になるなど、様々な寮改革が行われました。初めは慣れず戸惑うこともあったかもしれません。しかし、チューターの助けを借りながら、困難を乗り越えたその経験と、共同生活で生まれた仲間との絆は、かけがえのないものになりました。通学生である私は、そんな寮生の姿を見て強く刺激を受けていました。
 学校内に飛び交う「ありがとう。」の言葉。「感謝」の心はこの言葉から養うことができました。日常生活の些細な出来事にも「ありがとう。」を言う。そして、その「ありがとう。」に対してまた感謝をする。当たり前のように見えて、実は難しい「感謝」の心は、この学校に沢山溢れ返っています。
 そして、「感謝」の心が養われたら、自然と「思いやり」の心も育まれました。どのようなことをしたら相手が喜ぶのか、常に相手の立場になって考え、行動に移します。「感謝」と「思いやり」から生まれた「幸せ」は人から人へ連鎖していきました。

 私は中高六年間、吹奏楽部に所属していました。入部当初、精神面でもまだ未熟だった私達は、何度も仲間割れをし、先生を困らせていました。しかし、学年が上がるにつれ、段々と仲間割れをしなくなりました。それは、嫌なことがあってもすぐ人に愚痴をこぼすのではなく、自ら、よく考え、自立する。間違いを指摘してくれたことに対して反抗するのではなく、感謝をする。そして、担当楽器や部内での役割の異なる仲間に対して、思いやりを持って接する。このように、長い学校生活で「自立」「感謝」「思いやり」の心が自然と身に付き、それを実践することで、私達は成長し、仲間割れがなくなってきました。お互いにぶつかり合い、高め合えた同学年をはじめ、多くの相談に乗ってくださった先輩、私達を信じてついてきてくれた後輩、そして何度も助けてくださった先生に心から感謝しています。ありがとうございました。

 また、今年は新型コロナウイルスの影響で麗明祭や学年行事など、生徒が楽しみにしていた多くの行事がなくなりました。今まで当たり前だった日常も失われ、思うような学校生活が送れない一年でした。しかし、その代わりにオンライン授業が導入され、チャットを用いた発言のしやすい新しい形の授業を受けることができました。デジタル化が進むこれからの社会を生きる私達にとって、それは大きな糧となりました。四月当初から、進路について不安を抱えていた私達一人一人に親身に向き合ってくださった担任の先生、私達が分かるまで熱心に教えてくださった教科担当の先生、快適な学校生活を送れるように様々なサポートをしてくださった職員の方、学年を超えて仲良くしてくれた他学年の皆さん、数え切れない程多くの方々に感謝しています。私達は本当に恵まれていました。ありがとうございました。

 最後に、いちばんに私達のことを考え、支えてくれた両親、家族へ。麗澤瑞浪に入学できたのも、両親、家族の応援があったからです。私達のわがままを受け入れ、優しく、時には厳しく育ててくれたことに感謝しています。本当にありがとう。そして、これからもよろしくお願いします。
 私達は卒業し、これからそれぞれの夢に向かって新しい道を歩み始めます。人生の中では何度も高い壁が立ちはだかり、途中で挫けそうになるかもしれません。しかし、この麗澤瑞浪で学び育んだ心を失わず、どんな困難にも立ち向かっていきたいです。そして、今までお世話になった方々への御恩を忘れず、これからの人生を歩んでいきたいです。
 名残りは尽きませんが、理事長先生をはじめ、校長先生、教職員の皆様のご健康とご活躍、そして愛する母校の益々の発展をお祈りすると共に、全ての方々に感謝の気持ちを込めて答辞とさせていただきます。

みんなおいでよ! 麗澤瑞浪

人が育ち、心が育つ、麗澤教育。日本一広い、自然豊かなキャンパスを、ぜひ一度ご覧ください。

お気軽にご連絡ください

0572-66-3111

PAGE TOP