麗澤瑞浪中学・高等学校

お問い合わせ資料請求

MENU

VOICE

Vol.83 生徒の声

第20回読書感想文「こころの木」
感動賞 受賞作文

 

中学2年生  伊藤 慈朗 (瑞浪市立 陶小学校出身)

 ~「植物のかしこい生き方」(田中 修)を読んで~

 中学校に入った頃の自分は「自分を晒け出すこと」を恐れていた。小学校の頃からアニメ、ライトノベルといった「二次元」のものが好きな自分は、アニメなどに対する偏見が少なくなった時代だと分かっていても中々どうしてそのことが言い出し辛く、よく知らないことでも周りと話を合わせていたものだ。

 この本で紹介されている『ラフレシア』という植物は、甘い香りでハチやチョウなどを集めるのではなく、腐ったような悪臭でハエを集め、花粉を運んでもらうのだという。この『ラフレシア』からは「皆と同じ“変わっていない”ことを選ぶ理由はない」ということが学べるという。考えてみれば中学に入ってしばらくして自分から少しアニメの話をしてみれば、他の子が乗ってくれて嬉しく思った記憶がある。この『ラフレシア』の話で「他人と違う個性は恥じるものではなく、誇りに思うもの」だと改めて気づかされた。

 他の植物からも様々なことを学んだ。秋になるとそこら中に咲き乱れている『ヒガンバナ』は、他の植物と日光や土地を奪い合わないために花の咲く時期ではなく、寒い冬に葉をつける。これを知った時はとてもかしこいと思った。少し不利な状況を選べば、有利な状況を巡る争いは回避できる。人間もこれを手本にすれば戦争などをしなくてすむ、と思ったがそれは人間の性として無理だろうと思った。しかし、自分はこれを少しでも見習おうと思った。

 この本を読んで身近な植物からも学べることを知った。アサガオからは「仲間と協力する幸せ」を、ヒイラギからは「謙虚に生きることの素晴らしさ」を、身近な植物からこんなにもたくさん学べることを知り、感動した。
 人間はムダが多すぎる、とこの本の植物たちを見てそう思った。皆が皆、生き方を変えて、世の中を変えていくことは不可能だが、少なくとも自分は、この植物たちの生き方を参考にして生きていくと何か変えることができるのかもしれないと、そう思った。

みんなおいでよ! 麗澤瑞浪

人が育ち、心が育つ、麗澤教育。日本一広い、自然豊かなキャンパスを、ぜひ一度ご覧ください。

お気軽にご連絡ください

0572-66-3111

PAGE TOP