2009/12/9

中学で人権作文発表会(12/9)

 12月9日に中学校で人権作文発表会を行いました。人権作文発表会は「人権」を考える機会として、約30年間、毎年全校を挙げて行っている行事です。人権を守ることへの自覚はもちろん、この機会を通じて思いやりの心を深めています。1学期のホームルームの時間には、ビデオやプリントで人権に関して学習。これを踏まえ、全校生徒が夏休みに人権に関する作文を書き上げ、クラスでの選考会を経て、代表者が全体の場で発表します。
 各クラスの代表者は、自分の体験や授業、新聞、テレビから学んだことを、自分の考えをふまえて堂々と発表しました。
 今後も麗澤瑞浪の生徒として、あるいは社会人となってからも、思いやりの心を深め、進んで義務と責任を果たしていけるよう、道徳教育の一環として指導していきます。

ホームへ先頭へ前へ戻る