2008/8/1

夏季教員研修会(7/31.8/1)

 7月31日、8月1日に夏季教員研修会を行いました。教員研修会は年3回、春、夏、冬の長期休業時に行っています。今学期の反省や今後の新たな取り組みについての打ち合わせや、分科会などを通じて、様々な議題で論議したり、各部署での細かい打ち合わせをしたりします。
 また、毎回建学の精神に関わる方や教育関係者、生き方の手本となる方を招き、講話を聴く機会を設けています。今回は麗澤大学学長の中山 理先生をお招きして、お話を承りました。さらに、毎年発行している「麗澤瑞浪教育研究」「麗澤瑞浪モラロジー研究」の冊子から、先生方の公務や授業、建学の精神に関する研究発表を行いました。
 この研修の他にも多くの教員が長期休暇などを利用して外部の教育セミナーに参加し、授業向上のための研究をしています。こうして生徒一人ひとりの進路や生活に対してきめ細やかな指導をするべく、担任を中心に教科担当者、寮のチューター、部活動の顧問、職員に至るまでが連携し、親身に向き合います。
 生徒が希望進路に進めるよう、社会に出て人の役に立てる立派な人間になれるよう、教職員も日々研鑽し、よきアドバイザーになれるよう努めています。

戻る