2007/11/24

H19 人権作文発表会表彰者

 人権作文発表会は「人権」を考える機会として、約30年間、毎年全校を挙げて行っている行事です。人権を守ることへの自覚はもちろん、この機会を通じて思いやりの心を深めています。
 1学期のホームルームの時間には、ビデオやプリントで人権に関して学習。これを踏まえ、全校生徒が夏休みに人権に関する作文を書き上げます。クラスでの選考会を経て、学年ごとにそれぞれ代表者による発表会を行いました。代表者は自分の体験に基づくこと、調べてわかったこと、今の社会で求められていることなどを皆の前で堂々と発表しました。どれも心を打たれるもの、考えさせられるものばかりでした。
 今後も麗澤瑞浪の生徒として、あるいは社会人となってからも、思いやりの心を深め、進んで義務と責任を果たしていけるよう、道徳教育の一環として指導していきます。

【中学校】

クラス 名前 題名
最優秀 1年2組 柳瀬 佳世 教室の悪魔
最優秀 2年2組 滝本 有理 産まれる権利
最優秀 3年1組 川北 一彦 キャッチボール
優秀 1年1組 加藤 祐規 いじめについて
優秀 1年3組 時岡 礼奈 心の闇
優秀 2年1組 林  真己 輝き
優秀 2年3組 木村 拓憲 優しさ
優秀 3年2組 田口 結麻 輝くもの
優秀 3年3組 武田 祥太朗 貧しい人々
佳作 1年1組 壁谷 知里 もやもやした1年間
佳作 1年2組 宮地 結実子 友達として
佳作 1年3組 高井 麻衣 いじめ
佳作 2年1組 中野  翠 心の障害
佳作 2年2組 五十嵐 鉄馬 女尊男卑
佳作 2年3組 小林 沙都子 優しさと勇気をもって
佳作 3年1組 後藤 佳奈 人種差別
佳作 3年2組 林 里香子 言葉の暴力
佳作 3年3組 中西 未貢 自分と相手

【高校1年生】

クラス 名前 題名
最優秀 5組 石坂 賢志 未来を担う子供たちのために
最優秀 5組 大西 沙織 個性を認める…身近な人権の話
最優秀 6組 照下 真女 輝く未来へ
優秀 1組 朝井 孝信 心へ手
優秀 1組 柴田 茉実 身近で起きていること
優秀 2組 川島 雄太 僕を変えた一言
優秀 2組 小林 徳香 十人十色
優秀 3組 山本 友祐 差別について
優秀 3組 松井  涼 生きる強さ
優秀 4組 松本 尚孝 自分の経験を生かして
優秀 4組 有元 満咲 現代に生きるということ
優秀 6組 伊藤 匠 差別と区別
佳作 1組  遠藤 まどか 中学の経験
佳作 2組  加藤 綾子 差別と人間
佳作 3組  浅沼  克 いじめ
佳作 4組  高見沢 りえ 手を取り合い、共に生きる
佳作 5組  田中 英理子 差別について思うこと
佳作 6組  時岡 未奈 戦争のせいで

【高校2年生】

クラス 名前 題名
最優秀 1組 井手 智子 今の私たちに足りないもの
最優秀 2組 藤橋 夏生 見えない心遣いの必要
最優秀 3組 後藤 遥奈 色の違いを越えて
最優秀 5組 炭崎 純子 笑顔に動かされて
優秀 1組 平野 沙苗
優秀 2組 奥田 智勝 何が人間なのか
優秀 3組 加藤 由佳 人権の判断
優秀 4組 樋口 秀祐 彼と僕
優秀 4組 中西 綾 親切と同情
優秀 5組 久良 智明 権利を求めるということ
優秀 6組 小木曽ゆきの 差別という枠
優秀 6組 佐伯 千晴 身近なところで
佳作 1組 市川 知実 今、自分がやるべきこと
佳作 2組 桂川 明枝 人権について
佳作 3組 大山 幸希 差別する心
佳作 4組 佐竹 弥沙 今、ここから
佳作 5組 井上 喜仁 人権について語る前に
佳作 6組 橋野 真彩 優劣と差別

TOPへ戻る