2007/10/6

希望者で歌舞伎を観劇(10/6)

 10月6日に中高生の希望者と教員合わせて40名余りが、名古屋の御園座で歌舞伎「第43回吉例顔見世」の観劇をしました。
 今回は市川団十郎、海老蔵親子をはじめとする豪華キャストで「鳴神」「達陀」「義経千本桜」を鑑賞。「義経千本桜」では海老蔵扮する狐忠信が宙吊りになり、2階席で観劇していた生徒の目の前を通過。このような驚きのパフォーマンスやストーリーの面白さに、「初めて観たけど結構よかった」「機会があったらまた観たい」などの感想も聞かれ、評判は上々でした。

TOPへ戻る