麗澤瑞浪中学・高等学校

MENU

NEWS & TOPICS

2019.08.21 イベント

令和元年度(第12回)皇居勤労奉仕を実施

 8月4日から8日まで、令和で最初、本校では12回目となる皇居勤労奉仕を実施しました。参加者は団長の山本教頭以下55名(生徒47名、教職員8名)。この日を迎えるまで、今年2月から毎月1回の事前研修を重ねて、奉仕作業にあたっての留意点や、ご皇室や皇居と日本の歴史について学習してきました。期間中は、連日35度を超える猛暑日となり、体調を崩して休んだ生徒もいましたが大事には至らず、好天に恵まれて多くの清掃作業をさせていただくことができました。

 4日、瑞浪から貸し切りバスで移動したメンバーは、東京都八王子市にある武蔵陵墓地で大正天皇、昭和天皇とそれぞれの皇后の4つの御陵を参拝、立川市の昭和天皇記念館を見学、明治神宮に参拝してから宿舎のホテルに入りました。ここで現地集合のメンバーと合流して夕食をとった後、オリエンテーションと全員の決意発表を行いました。

 5日、奉仕初日は暑さと戦いながら皇居東御苑(ひがしぎょえん)の除草と道路清掃をしました。江戸城の本丸御殿や大奥のあった広場は、11月に行われる大嘗祭(だいじょうさい)の準備のため立ち入り禁止で、例年と違って多くの工事用車両が出入りしていました。皇居退出後は靖国神社を正式参拝しました。

 6日、奉仕2日目は皇居伏見櫓(ふしみやぐら)前で記念写真を撮った後、天皇陛下が田植え・稲刈りをされる水田や立派な盆栽を育てている大道庭園(おおみちていえん)を見学し、午後から宮中三殿(きゅうちゅうさんでん)前の除草作業を2時間ほど行いました。日陰で東京の真ん中にいることを忘れるほどの静けさの中、一生懸命に作業することができました。

 7日は赤坂御用地へ徒歩で向かう途中、乃木神社に参拝。春と秋に園遊会が行われるあたりで記念写真を撮った後、皇嗣となられた秋篠宮殿下が来客と接見されるときにお使いの赤坂東邸(あかさかひがしてい)の周りの除草作業を、この日参加していた5団体総勢200名ほどの高校生たちで一斉に行いました。午後からは池の近くの道路の除草作業をしてから、赤坂御所で天皇陛下のご会釈を賜りました。陛下から「充実した学校生活を送ってください」と励ましのお言葉をいただき、一同身が引き締まりました。

 退出後は神宮外苑にある聖徳記念絵画館を見学し、明治天皇の事績について学びました。5時の閉館で外に出ると、ちょうど隣で建設中の新国立競技場の工事を終えて退出してくる作業員の皆さんと出会い、来年のオリンピックの準備が進められていることを実感しました。宿舎に戻って夕食後、全員の感想発表を行いました。「暑い中、協力して作業できてよかった」「天皇陛下の温かいまなざしに感動した」「あと1日がんばります」などの声が聞かれました。

 8日は最終日。宿舎から大きな荷物を持ってタクシーで皇居へ移動しました。午前中は一般参賀の行われる宮殿東庭(きゅうでんとうてい)の掃き掃除と道路周りの清掃を行いました。作業中に一般の皇居参観の一団(ほとんど外国人)が通りかかり、ガイドが私たち奉仕団のことを外国語で説明しているのが聞こえました。午後は宮殿南庭(なんてい)の天皇陛下が署名などをされるお部屋の近くで除草作業をしました。
 休憩所に戻り、下賜された記念品と記念写真を受け取り、皇居桔梗門(ききょうもん)を出たところで解散しました。みな、充実感いっぱいの顔でした。

みんなおいでよ! 麗澤瑞浪

人が育ち、心が育つ、麗澤教育。日本一広い、自然豊かなキャンパスを、ぜひ一度ご覧ください。

お気軽にご連絡ください

0572-66-3111

  • 「麗澤教育充実資金」ご支援のお願い
  • スクールバス運行予定・路線図

PAGE TOP