麗澤瑞浪中学・高等学校

お問い合わせ資料請求

MENU

中高一貫教育の特徴

生きた英語力が身につくALT授業とオンライン英会話

ALTの授業はもちろん、放課後には国際交流室(Reitaku Intercultural Office:通称RIO)を拠点として、フィリピンの講師と直接会話のできるオンライン英会話を導入しています。希望者が個々の能力、進度に応じてステップアップが可能。英語の4技能「読む(Reading)」「書く(Writing)」「聞く(Listening)」「話す(Speaking)」を養えます。

「ラウンドシステム」で英語の学力アップ!

今、大きな注目を集めている「ラウンドシステム」を東海地区では初めて採用。ラウンドシステムは4技能をバランスよく身につけることができ,なかでも「話す」「書く」力の育成に目覚ましい成果を上げ,全国に広がりつつあります。また、中学英語において重要なのは「文法」の力を身につけること。増えた授業時間で文法を学ぶことにも力を注ぎ、麗澤瑞浪独自のラウンドシステムを構築することで、英語の学力アップを目指します。

教育中高一貫を意識したカリキュラム

先進的な取り組みを行う英語の他、数学、理科に関しては先取りを実施し、成績上位者をさらに伸ばします。その一方、学力に遅れが出てしまった生徒をフォローする「基礎力充実講座」を実施するなど、丁寧できめ細かな対応を心掛けています。

授業時間の確保

7月末、8月末、12月末、3月末の長期休暇中に授業時間を各1週間確保します。それにより2020年までの34週授業を2021年度は38週授業とし、4週間分の授業時間を追加確保します。それにより、38週×34コマの1292時間(約140時間/年のプラス)の授業時間になります。

部活動は教育の一環

部活動は、協調性、社会性、忍耐力、組織マネジメント力、自己管理能力などの能力を養う教育の一環と考え、全員加入制をとっています。中学、高校とも平日は週3日を基本として部活動に取り組みます。土日、長期休みは必要に応じて行います。

進学講座

長期休暇中に大学進学を意識した講座や、全国模試の解説を行うハイレベルな講座などを無料で開講しています。(一部テキスト代など実費負担もあり)生徒の学力を把握している教師陣が担当するため、効率的に学習が進められ中学段階から大学進学を意識させます。

みんなおいでよ! 麗澤瑞浪

人が育ち、心が育つ、麗澤教育。日本一広い、自然豊かなキャンパスを、ぜひ一度ご覧ください。

お気軽にご連絡ください

0572-66-3111

  • 「麗澤教育充実資金」ご支援のお願い
  • スクールバス運行予定・路線図

PAGE TOP