麗澤瑞浪中学・高等学校

MENU

寮生活(中学生)

人間的成長の基礎を作る

 中学時代から自立を目指すことで、生活習慣や礼儀の基礎を確立することができます。安心して生活し、学べる環境で過ごす日々は心に残る大切な思い出となるでしょう。

理想を共有し、高め合う環境づくりを自ら行う

同じ目標を目指す環境があるからこそ、できたことは認め合い、できなかったことは指摘し合う習慣が芽生え、ともに高めながら生活ができます。

寮生活の目標

  1. 時間を守って行動できる
  2. 気持ちよい元気なあいさつと正しい言葉づかいができる
  3. 毎晩2時間は自分の机で勉強ができる
  4. 自分で健康管理ができる
  5. 身の回りの整理整頓をし、公共の物を大切にできる
  6. 両親やお世話になった人々に手紙で報告ができる
  7. 友達と仲良くし、お互いに助け合える

中学男子寮生の1日

中学男子寮生の1日

中学寮の学習体制

 中学寮では主に学校での授業の予習、復習を目的として学習体制が構築されています。授業担当者は寮での自習時間があることを想定し、適度な課題を与えるので、何をすればいいか迷うことなく、自習に取り組むことができます。寮を担当している教員と授業を担当している教員が緊密に連携し、徹底した指導を行っています。

「通塾なし」で高い学力が身につく、充実した学習環境

【寮単位での自習意識】
各寮には学習係がおり、不定期に行われる学習係会議や自習時間調査など、自習時間をより充実したものにするためにどうしたらよいかを考えながら様々な取り組みが行われています。
また、学校で毎週行われている漢字テスト、英単語テストはクラスの平均点の他、寮の平均点が記され、各寮単位でテストに力を入れるきっかけになっています。個人で勉強するだけでなく、寮の平均点を上げられるようにチューターや学習係を中心に声を掛けあいながら寮全体でのテスト意識を高めます。

【試験週間の質問会】
試験週間中は、より一層生徒たちの勉強に対する意欲が高まる期間ですが、その試験週間中には毎回、質問会が開催されます。質問会は5教科の教員が決められた日に寮に出向き、指導するもので、寮生は自由に参加することが可能です。わからないことや疑問に思ったことをまとめておけば、マンツーマンの形で自由に質問できるので、利用する生徒たちにも大変好評です。

「守られている」安心感を、いつでも

チューター制度

生徒の安全を最優先に考え、教員が寮生と同じ建物で生活する「チューター制度」を整えています。チューターは、昼間は学校で授業を担当し、部活動も指導。学校での様子も理解してくれているので、さらに安心です。

チューター補佐

寮には各チューターの他、中高の寮全体でチューター補佐と呼ばれる教員がついており、身の回りのお世話や健康管理の手伝いなどをしてくれるので、安心して生活することができます。

中学寮施設

中学寮編成

中学生の寮は、男女合わせて5棟あります。発育段階を考慮し、男子は1年生寮と2・3年生の混成寮。女子はピアサポートの視点から、すべて1〜3年生の混成寮です。

寮の編成は、毎年組み替えられます。また、学期ごとに寮内の部屋のメンバーを組み替えます。また、各寮には、担当チューターの他に寮務職員がいて、病人のお世話や郵便物・宅配便の管理、寮周辺の環境美化の業務に従事しています。さらに、各寮には生徒の代表(寮役員)がおり、寮全体の運営を自治的に行っています。

中学寮外観
中学寮外観

大部屋
大部屋

浴場
浴場

学習スペース
学習スペース

洗濯室
洗濯室

中学寮は各寮に担当教員(チューター)が一緒に住んでおり、家族的な雰囲気で安心です。
1階にチューターの家族、2、3階に生徒が生活しています。女子寮にはピアノ室(防音)も2室あります。

みんなおいでよ! 麗澤瑞浪

人が育ち、心が育つ、麗澤教育。日本一広い、自然豊かなキャンパスを、ぜひ一度ご覧ください。

お気軽にご連絡ください

0572-66-3111

  • 「麗澤教育充実資金」ご支援のお願い
  • スクールバス運行予定・路線図

PAGE TOP