麗澤瑞浪中学・高等学校

お問い合わせ資料請求

MENU

道徳教育

自分自身を成長させる「ありがとう」の気持ち

 嬉しいときはもちろん、つらいときも「ありがとう」と感謝できる。困難なことにも、成長の機会と捉えて向き合える。麗澤瑞浪の道徳教育は、そうした心を育てます。また、この学びが多くの生徒にとって、人との関わり合いや自分自身のことを考えて立ち止まるとき、正しい方向へと進む道しるべとなってきました。
 相手の立場に立ち、思いやりをもって接する。礼儀を込めて相手を尊重する。そうすることで、おのずと自分が本当にすべきことが見えてきて、互いに感謝して思いやることで、みんなが心地よい居場所が生まれます。こういった実践を通して、心を磨き品性を高めることを土台として、技術や知識を学んでいきます。これが麗澤瑞浪の道徳教育です。

「道徳科」という科目集団を置いた取り組み

 中学1年生から高校3年生まで、週に一時間の道徳の授業を行っています。高校では独自に作成した『質の高い道徳を求めて~高校生のための道徳の教科書~』という教科書を利用して授業を行っています。その内容は道徳科の先生を中心に、自立・感謝・思いやりの育成という、教育目標に向けた取り組みが行われています。

道徳授業の枠を超えて光る品性

 麗澤瑞浪では創立以来、学校生活のすべての場において一貫して生徒の心を磨くことに大きな価値を置いてきました。周囲への思いやりや感謝の気持ち、他人との協調性や社会性を養い、周囲の人から信頼・尊敬され、社会に有用な人物になってもらうことを目指しています。
 この教えと実践は生徒の品性として現れ、何気ない立ち振る舞いまで美しくしていきます。学力や知性は、培った品性があってこそ輝きます。健やかで強く優しい心を育む教育に力を入れ、授業、寮、部活動にいたるまで、道徳教育が学校の環境の中に根付いています。

教員たちも感心する生徒たちの成長ぶり

 生徒たちを見ていて感心することのひとつに、行事の準備や片付け、さまざまな奉仕活動に一生懸命に取り組むことがあげられます。それは、学校生活や寮生活の中で道徳教育によって、多くの人の支えのおかげで今日の自分があることに気づき、感謝できる心と、人のために役立ったという喜びの心が育つからでしょう。

みんなおいでよ! 麗澤瑞浪

人が育ち、心が育つ、麗澤教育。日本一広い、自然豊かなキャンパスを、ぜひ一度ご覧ください。

お気軽にご連絡ください

0572-66-3111

  • 「麗澤教育充実資金」ご支援のお願い
  • スクールバス運行予定・路線図

PAGE TOP