2015/5/1

寮での学習について

 

 20:00以降は全寮学習体制に入ります。寮での自学自習は寮生活を送る上で特に力を入れている時間です。自習時間は寮によって多少異なりますが、中学生は約2時間、高校生は約3時間が定められており、落ち着いた雰囲気の中で各自が目標を持ち、効果的な自習に取り組んでいます。寮を担当しているチューターが学校教員ですので、勉強のことや進路のことなどわからないことや疑問に思ったことがいつでもすぐに聞くことができる体制が整っています。

中学寮の学習体制

 中学寮では主に学校での授業の予習、復習を目的として学習体制が構築されています。授業担当者は寮での自習時間があることを想定し、適度な課題を与えるので、何をすればいいか迷うことなく、自習に取り組むことができます。寮を担当している教員と授業を担当している教員が緊密に連携し合うことができるからこそ、取れる体制の中で徹底した指導が行われています。

 1年生は原則として、集団で自習時間を過ごし、学習習慣を身に付けることから始めます。小学校時代なかなか家庭での学習習慣が身につかなかった生徒も同級生と共に学ぶことにより、一人での学習習慣が身に付くようになります。
 2、3年生になると各個人スペースもしくは集団での学習を自由に選択することができます。自分のペースに合わせて、目標を設定し取り組むだけでなく、勉強方法やわからない問題を教え合ったり、一緒に考えたりしながらお互いの成長を目指します。

高校寮の学習体制

 高校生は授業の予習、復習に加えて大学受験に向けての勉強、進学講座で出される課題などへの取り組みが求められます。高校寮では一人ひとりに与えられた完全個室で集中して自習をすることもできますし、同じ目標を持った仲間を意識しながら集団での自習をすることもできます。また、決められた自習時間の他に深夜までの延長自習、起床前の早朝自習も自由に行うことができますので、必要に応じて計画的に勉強を進めることができます。

寮単位での自習意識

 各寮には学習係がおり、不定期に行われる学習係会議や自習時間調査など、自習時間をより充実したものにするためにどうしたらよいかを考えながら様々な取り組みが行われています。
 また、学校で毎週行われている漢字テスト、英単語テストはクラスの平均点の他、寮の平均点が記され、各寮単位でテストに力を入れるきっかけになっています。個人で勉強するだけでなく、寮の平均点を上げられるようにチューターや学習係を中心に声を掛けあいながら寮全体でのテスト意識を高めます。

試験週間の質問会

 試験週間中は、より一層生徒たちの勉強に対する意欲が高まる期間ですが、その試験週間中には毎回、質問会が開催されます。質問会は5教科の教員が決められた日に寮に出向き、指導するもので寮生は自由に参加することが可能です。わからないことや疑問に思ったことをまとめておけば、マンツーマンの形で自由に質問できるので、利用する生徒たちにも大変好評です。様々な教科の教員が寮担当として関わっているからこそできる質問会です。

ホームへ先頭へ前へ戻る