2013/04/20

【卒業生】「本当の自分」との出会い

山本彩乃さん(大阪教育大教育学部進学 )

 麗澤瑞浪で過ごした3年間はとても早い3年間だったように思います。寮生活というのは、決して楽しいだけの日々ではありません。自分のことだけでも精一杯なのに、一緒に暮らす寮の先輩や後輩、友達にも気を配ったり、時には自分を抑えなければならないこともあります。しかし、私がそこで見つけたものは意外にも「本当の自分」でした。
 24時間ともに過ごす中で自分以上に私のことを理解してくれる友達。離れていても口に出さなくてもなぜか自分のことを分かってくれる家族。親元を離れて暮らす私たちの親代わりとなってくださる先生方……。いろいろな人に支えられながら、経験したことのないような悩みと、それを乗り越えようとする新たな力、そして自分のことよりもこの人の力になりたいと心から思って頑張れる自分、それらに初めて向き合えた気がします。
 頑張っている自分を誰もが認めてくれ、支えてくれる。他人の成長を通して、自分自身も成長させてもらえる。ここでの生活に、テレビも携帯電話もいらない。友達と過ごす時間こそが最高の娯楽でした。勉強よりももっとずっと大切なこと。ここでのすべての「出会い」に私はいま心から感謝しています。

ホームへ先頭へ前へ戻る