2013/04/25

【寮生】寮は小さな社会

原田拓実(奈良県出身)

 僕は、寮生活で様々なことを学び、大きく成長できたと思います。学校では苦手な人がいても、自分と気の合う人とだけ付き合うことができます。しかし、寮生活ではそうはいきません。一日中共に過ごすので、どんな人ともうまく折り合いをつけ、助け合っていかなければなりません。このように、寮は小さな社会のようなものです。楽しいだけでなく礼儀やマナー、協調性など、これから生きていく上で大切なことを学ぶことができます。
 寮の中では、全員が先生であり、また全員が生徒でもあります。ただ仲良くするのではなく、楽しい時には共に笑い、苦しいことも助け合いながら乗り越えていく。麗澤瑞浪では、そんな関係を築くことができます。妥協してしまいそうな時、近くで仲間ががんばっている姿を見て、自分もがんばろうと思ったり、僕自身も仲間がいたからこそ乗り越えられたことは多く、自分の中で仲間の存在はとても大きいものです。僕はこの学校に来て本当に良かったと思います。これからも仲間との絆を一層深めていきたいです。

ホームへ先頭へ前へ戻る