2013/6/1

【担任】 安藤智子 先生

一歩先を要求し潜在能力を引き出す

教育実習に行き、生徒との交流や教えることの楽しさに目覚めて教師になりました。授業では理解させるだけでなく、常に一歩先、ときにはかなり難しいことを要求するようにしています。そうすることで、潜在能力を引き出して行きたいですね。
麗澤瑞浪の生徒は、素直で礼儀正しく、フレンドリー。学校生活を通して、お互いを思いやれる人、自主自立し感謝できる人になってほしいと願っています。親元を離れてここへ来ている寮生はもちろん、通学生にとっても精神的な支えになれたらと思っています。クラス担任、寮チューター、部活動の顧問など、教師同士で連携を密にして生徒の情報を共有し、育てるべき方向を決めていくことを意識しています。

安藤智子 先生
安藤智子 先生

ホームへ先頭へ前へ戻る