2013/04/30

【寮生】瑞浪の新鮮な空気に一目惚れ

橋本容行 中3(東京都出身)

麗澤瑞浪を選んだ理由は?

 ひとつ目は環境の良さです。学校見学で小学6年の3月頃、春の初めに麗澤瑞浪を訪れたとき、車のドアを開けた瞬間に流れ込んできた新鮮な空気に、僕は一目惚れしてしまいました。それほど自然が豊かだということです。ですから、生徒の性格や行動もそれに乗じて温厚になり、学園全体が温厚な雰囲気となるのだろうと感じました。
 ふたつ目は、寮があるということです。出身が東京なので寮に入るしかなく、学校見学の際に寮も見学しました。そして家以外に宿泊すること、それも同級生や先輩と24時間生活するということに好奇心を持ちました。

実際に入学して感じていることは?

 自分自身で、自然と人の役に立つ行動をしたり、挨拶をしたりできるようになったと感じています。親と離れての寮生活では寂しいと感じるときもありますが、両親も実の息子、娘と離れて生活するのは辛いこと。だから両親を心配させないように、両親の顔に泥をぬらないようにと頑張っています。また、長期休暇の際にできるだけ親孝行をしようと思うようになりました。世間一般で「反抗期」などといわれるこの時期にこのように思えるのは、これからの人生で貴重なことになると思います。

部活動について教えてください。

 硬式テニス部では、体、技を鍛えるとともに、心も鍛えることができます。3学年大勢で活動するので、学年を超えて団結。長期休暇中も寮があるので、充実した合宿ができます。

先生について教えてください。

 担任の先生は親身になって僕たちに接してくれ、本当に両親のような存在。寮のチューターの先生は、時には厳しく、時には優しく、自分たちのことを想ってくれています。またチューターのご家族の方々は、いろいろなことで支援してくださいます。とてもありがたいことです。

食事について教えてください。

 毎日3食お世話になっていますが、とにかくレシピのバリエーションが豊富で、栄養バランスがしっかりしています。ご飯はどれだけ食べてもおかわりできるので、食べ盛りの僕たちにはとても嬉しく、ありがたいことです。

道徳の授業について教えてください。

 先生が作ってくださったプリントや教材、ビデオを使ったさまざまなテーマの授業があります。道徳の授業で習ったことは、一生の中の精神的な基礎となると思います。

将来どんな人になりたいですか?

 人様のお役に立てる人間になりたいです。また、そういう職業にも就きたいと思っています。それに、この麗澤瑞浪にも恩返しをしたいので、今できることを一生懸命やろうと思います。

ホームへ先頭へ前へ戻る