2016/10/3

礼儀を身につけ、心を養う寮教育

麗澤瑞浪の寮は、単なる寄宿舎ではありません。
寮教育50年の実績がある“人の心が育つ場”です。

寮で過ごす毎日に成長のチャンスがある

 「さよなら」でなく「おやすみ」で終わる、仲間や先生との一日。全国各地から集まった同年代の集団生活の中で、喜怒哀楽を共有しながら基本的な生活習慣や礼儀を身につけ、感謝と思いやりの心を養います。掃除や洗濯など、これまで家族にしてもらっていたことを全て自分自身でやることで、親への感謝の気持ちが芽生えるのです。
 時には生徒同士でぶつかり合うこともありますが、それも成長のチャンス。その度に相手の立場に立って考えられるようになっていきます。最初のうちは、とまどうこともあるかもしれません。その一つひとつを同じ寮に住む仲間や先生とともに乗り越えることで、いつしか家族のような絆が生まれます。
 また上級生になるにつれて自然に責任感が芽生え、後輩に対して自ら手本となるような行動ができるようになり、意志の強い人物へと成長していきます。


麗澤瑞浪の教育を知ってください

ホームへ先頭へ前へ戻る