2015/11/25

高等学校教育の特徴

文武両道で真の「ゆとり」ある教育
 麗澤瑞浪は、週6日制で土曜日も通常授業を展開。土曜日に4時間授業があるため、平日の放課後は部活動や生徒会活動、学習の遅れを取り戻すための学習時間の確保が可能です。こうしてゆとりある学習時間を確保し、丁寧できめ細かい学習指導を行うことが、真の「ゆとり」ある教育と考えています。

一人ひとりに目がいき届く少人数クラス
 生徒と教員、生徒と生徒のコミュニケーションを重視。1クラス30人前後の少人数制で、教室にも生徒の心にもゆとりが生まれます。各学年のフロアに担任室があり、担任・副担任の教員が常駐しているので、生徒一人ひとりに目がいき届きます。

「自学」が学習の基本
 学習の基本は「自学」。つまり、自分で今何が必要かを考えて、自ら学ぶことができる姿勢を養うことが大切です。さらに、しゃべらず黙って学習する「黙学」、人に頼らずひとりで学習する「独学」という態度も併せて指導。毎週月曜日の放課後は学習の日と位置づけ、全員が自学に取り組んでいます。

一人ひとりに合った進路指導
 高校の3年間はそれぞれの将来を決めようという時期です。麗澤瑞浪では、90%を超える生徒が大学・短大進学を目指しますが、一人ひとりの将来に応じた指導ができるよう、個人面接を重視。キャンパス見学会、社会人講話、大学模擬授業など、おりにふれて進路を考える機会を多く設け、将来のイメージを具体的に持てるよう工夫をしています。

国公立や難関私立を目指す「特進コース」
 私立大学等への進学を中心とした「進学コース」の他に、国公立大学や難関私立大学への進学を目指す生徒のために「特進コース」を設置。高い志を持った仲間たちと共に、高め合い支え合って、毎年国公立大学への高い合格率を誇っています。

大学受験用「進学講座」で実力養成
 受験対策を充実させてほしいという声に応えるため、大学受験対策用に進学講座」を開講。麗澤瑞浪の教員が、放課後と長期休業中に学習指導を行います。生徒の学力や弱点を知っている教員たちによる講座だからこそ、効率的に学べて実力がつきます。 
進学講座


留学制度の充実で盛んな国際交流
 6カ国14校協定と交流協定を結んでいるので、短期、中期、長期に渡っての交換留学が盛んです。麗澤瑞浪のキャンパスを見渡すと、さまざまな国からの留学生が一緒に歩いている姿が見られます。海外留学する生徒はもちろん、留学しない生徒も積極的な国際交流ができる環境が整っているのです。
留学制度


情報時代に欠かせないコンピューター教育
 個人ごとにメールアドレスを持ち、生徒が自分のパスワードを管理しながら、情報時代に対応できる技術とマナーを学んでいます。

ホームへ先頭へ前へ戻る