2014/04/21

学校感染症に関わる出席停止について

 お子様が、医療機関で学校感染症にかかっていると診断された場合、その発症から治癒までを出席停止といたします。(出席停止は欠席扱いにはなりません)
 つきましては、お子様の疾病が他の児童生徒への感染の恐れがなくなるまで、医師の指示に従って治癒に必要と認められた期間、十分休養させてくださるようお願いします。
 尚、登校の際は、必ず医師の指示を仰ぎ、下記の用紙をお子様に持参させてください。用紙は、医師に記入していただいてください。

代表的な学校感染症

インフルエンザ・百日咳・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)・麻しん(はしか)・風しん(三日はしか)・水痘(みずぼうそう)・結核・腸管出血性大腸菌感染症・流行性角結膜炎など。
また、条件によって出席停止となる疾患は、溶連菌感染症・マイコプラズマ感染症・流行性嘔吐下痢症など。

ご不明な点がございましたら保健室までお問い合わせください。(℡0572-66-3108)

ホームへ先頭へ前へ戻る