2013/4/4

麗澤の理念と目指す生徒像
麗澤の理念と目指す生徒像

麗澤の理念と目指す生徒像

整った環境、先生の温かなまなざしの中、
勉強や部活動を通して友情や思いやりの心を育んでいます。

「麗澤」教育のめざすもの

 麗澤瑞浪がめざす教育──それは「こころ」を育てること。そして知育・徳育・体育のバランスのとれた、心身ともに健全な人間を育成することです。
 社会で有為な人材として活躍するために「知性」を最大限に活かすのは、その人の「人間性」。正しい道徳的価値観と、他者への共感的態度を持った「こころ」を育てることが最も大切だと考えています。
 本校では創立以来一貫して、揺るぎのない教育理念の下、学校生活や寮生活のあらゆる場面を通して、生徒に「自立」「感謝」「思いやり」の心を養うことに力を注いできました。生徒の「こころ」を育てるために、まず我々教師が生徒一人ひとりを大切にする姿勢を持って気を配ることができるよう、徹底した「少人数教育」の体制を整えています。
 また、中学だけでなく高校においても道徳の授業を必修とし、本校独自の教科書とプログラムを準備して、実践的な「こころ」の教育に努めています。

心を育てること「自立」「感謝」「思いやり」
心を育てること「自立」「感謝」「思いやり」

理念

 創立者廣池千九郎が提唱した道徳科学「モラロジー」に基づく知徳一体の教育を基本理念とし、学生生徒の心に仁愛の精神を培い、その上に現代の科学、技術、知識を修得させ国家、社会の発展と人類の安心、平和、幸福の実現に寄与できる人物を育成することを目指しています。

めざす生徒像

・大きな志を持って真理を探究し高い品性と深い英知を備えた生徒
・自然の恵みと先人の恩恵に感謝し万物を慈しみ育てる心を有する生徒
・自ら進んで義務と責任を果たし国際社会に貢献できる生徒

誓いの詞

 誓いの詞(ちかいのことば)は、麗澤教育の理念である道徳教育の考えを生徒に理解しやすくするために定めたもので、ホームルームや生徒寮等に掲示し、必要に応じて唱和しています。

一、生命の根源である天地自然の大いなる御恵に感謝します。
一、利己心や高慢心に打ち克ち、品性の向上に努めます。
一、家の伝統・国の伝統・精神伝統に感謝し、報恩の実行に努めます。
一、思いやりの心を深め、進んで義務と責任を果たします。
一、奉仕の精神に徹し、母校の発展と世の人々の幸福の増進に尽くします。

麗澤瑞浪の教育を知ってください

 

ホームへ先頭へ前へ戻る